SP-5D151とSP-5D152の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカおうちシェフPRO L

SP-5D151とSP-5D152の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカおうちシェフPRO L

シロカの電気圧力鍋「おうちシェフPRO L」シリーズのSP−5D151とSP−5D152の違いを比較しました。

どちらがおすすめかも解説しています。

シロカSP−5D151とSP−5D152の違いは、以下の3つです。

  • SP−5D152の方が安い
  • 操作方式と表示の違い
  • カラーバリエーションの違い

SP−5D151とSP−5D152はどちらも2022年11月に発売されたモデルで、機能面の違いはありません。

ダイヤル操作がしたい人、材料も表示してほしい人、ホワイトがいい人は、SP−5D151がおすすめ。

予算を抑えたい人、グレーやダークブラウンが好きな人は、SP−5D152がおすすめです(^^)

SP−5D151とSP−5D152の違いについてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ本文をご覧くださいね。

ダイヤルでカンタン操作!材料も表示されるSP−5D151♪カラーはホワイトのみ!

SP−5D152♪カラーはグレーとダークブラウンの2色展開!

目次

シロカおうちシェフPRO LのSP-5D151とSP-5D152の違いを比較!

「シロカおうちシェフPLO L」シリーズのSP−5D151とSP−5D152の違いを紹介します。

違いとしては、以下の3点があります。

SP-5D151とSP-5D152の違い①SP−5D152の方が安い

SP−5D151とSP−5D152の発売は、どちらも2022年11月です。

2つのモデルの価格を、大手ECサイト3社で比較してみました。

楽天AmazonYahoo!ショッピング
SP−5D15129,700円32,780円29,700円
SP−5D15227,800円27,800円

SP−5D151より、SP−5D152の方が2,000円ほど安くなっています。

価格は日々変動するため、最新の価格はこちら↓からチェックしてみてくださいね!

SP−5D151♪カラーはホワイトのみ!

SP−5D152♪カラーはグレーとダークブラウンの2色展開!

SP-5D151とSP-5D152の違い②操作方式と表示部の違い

SP−5D151とSP−5D152は、操作方式と表示部に違いがあります。

SP−5D151にはダイヤルがあり、メニューの選択を簡単にすることができます。

SP−5D151はダイヤル式で操作カンタン♪

ダイヤル操作

SP−5D151:ダイヤルあり
SP−5D152:ダイヤルなし

また、SP−5D151の表示部はフルドット液晶となっているため、画面がとても見やすいです♪

SP-5D151は、メニュー番号だけでなくメニュー名、材料も表示されます。

表示項目

SP−5D151:メニュー番号、メニュー名、材料
SP−5D152:メニュー番号

SP−5D152は、2021年に発売されたおうちシェフPRO(SP−2DM251)とほぼ同じデザインとなっています。

SP-5D152に表示されるのはメニュー番号だけなので、レシピブックなどで番号とメニューを確認する必要があります。

SP−5D152の表示はメニュー番号のみ!

SP-5D151とSP-5D152の違い③カラーバリエーション

SP−5D151とSP−5D152では、カラーバリエーションの違いもあります。

SP−5D151はホワイトのみ。

SP−5D152は、グレーとダークブラウンの2色展開です。

SP−5D151はホワイトのみ♪

SP−5D152はグレーとダークブラウン♪

SP−5D151SP−5D1512はどっちがおすすめ?

SP−5D151とSP−5D152の違いから、どちらがおすすめか、簡単にまとめてみました!

SP-5D151がおすすめの人

  • ダイヤルで簡単に操作したい人
  • メニュー名や材料も表示してほしい人
  • 最新モデルが好きな人
  • カラーはホワイトがいい人

ダイヤルでカンタン操作!材料も表示されるSP−5D151♪カラーはホワイトのみ!

SP-5D152がおすすめの人

  • 予算を抑えたい人
  • メニュー名や材料は表示されなくてもいい人
  • カラーはグレーかダークブラウンがいい人

予算重視のSP−5D152♪カラーはグレーとダークブラウンの2色展開!

シロカおうちシェフPLO L SP−5D151とSP−5D152の共通の機能や特長

「シロカおうちシェフPLO L」シリーズのSP−5D151とSP−5D152共通の機能や特長を紹介します。

どちらも、最大6人分までの調理に対応した大容量タイプです。

5Lの大容量で食材丸ごと調理にも対応

5Lの大容量サイズということもあり、最大6人分の料理を一度に作ることができ、作り置きにも便利です。

また、丸鶏を使ったサムゲタンやローストチキンなど、食材を丸ごと使う料理にも活用でき、幅広い料理のレパートリーに対応しています。

スマートプレッシャー技術で美味しさと時短の両立

シロカ独自の技術である「スマートプレッシャー技術」は、時短と美味しさの両立が可能となっています。

美味しさの秘訣である「スマートプレッシャー技術」とは、最高圧力100kPaという高圧力を引きだす構造と一定にかけ続ける圧力制御機能が合わさることにより、食材の美味しさを最大限に引き出す技術です。

高圧力を一定にかけ続けることで、時短に繋がるほか、食材がより柔らかく、味の染み込んだ仕上がりになります。

魚は骨まで食べられ、ブロック肉はほろほろとほぐれる仕上がりになります♪

スマートプレッシャー技術についてもっと詳しく知りたい方は、動画をご覧ください♪

2種類の新機能搭載で、1台12役の調理方法を実現

「低温&圧力調理」と「糖質オフ炊飯」の調理方法が今回のモデルから新しく搭載されました。

「低温&圧力調理」機能は、低温調理後、自動で圧力調理に切り換わる調理方法です。

牡蠣などの、調理によって縮んだり硬くなったりしやすい食材で使用することにより、食感や美味しさを損なわずに調理することが可能です。

「糖質オフ炊飯」では、付属の蒸しかごを使用し調理する方法で、通常の白米に比べ糖質を約11%抑えることができます。

そのほかの搭載されている調理方法は、以下のとおりです(^^)

  • 圧力調理
  • 発酵
  • 無水調理
  • スロー調理
  • 炊飯
  • 温めなおし
  • 炒め(下ごしらえ)
  • 蒸し調理
  • 低温調理
  • 温度調理

100種類の豊富なオートメニュー

日々の定番料理から作り置きおかず、世界の料理といったメニューはもちろんのこと、「ベジタブルブロス」といった、今話題のフードロスの削減にも繋がる、食材を無駄にしないメニューも搭載されています。

100種類の豊富なメニューが搭載されているため、日々の献立のマンネリ化の解消にも一役買いそうですね。

衛生面に配慮した予約調理

引用元:公式サイト

外出前に食材を仕込んでセットすれば、帰宅後には出来立ての料理が食べられる予約調理ですが、食中毒が心配との声も多いかと思います。

シロカのおうちシェフPROでは、「かしこい予約プログラム」という機能により、菌が増殖しやすい温度帯を避けて調理してくれます。

そのため、食材が傷みやすい時季の長時間予約も衛生的で安心のため、1年を通して予約機能を使用できます。

SP-5D151とSP-5D152の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカおうちシェフPRO Lまとめ

SP-5D151とSP-5D152の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカおうちシェフPRO L

この記事では、シロカの電気圧力鍋「おうちシェフPRO L」シリーズのSP−5D151とSP−5D152の違いを比較しました。

SP−5D151とSP−5D152の違いは、以下の3点です。

  • SP−5D152の方が安い
  • 操作方式と表示の違い
  • カラーバリエーションの違い

SP−5D151とSP−5D152はどちらも最新モデルの2022年型となっていて、機能面の違いはありません。

ダイヤル操作がしたい人、材料も表示してほしい人、ホワイトがいい人は、SP−5D151がおすすめ。

予算を抑えたい人、グレーやダークブラウンが好きな人は、SP−5D152がおすすめです(^^)

ダイヤルでカンタン操作!材料も表示されるSP−5D151♪カラーはホワイトのみ!

予算重視のSP−5D152♪カラーはグレーとダークブラウンの2色展開!

目次