RE-WF183とRE-WF182の違いを比較!どっちがおすすめ?シャープオーブンレンジ

RE-WF183とRE-WF182の違いを比較!どっちがおすすめ?シャープオーブンレンジ

シャープのオーブンレンジRE-WF183とRE-WF182の違いを比較しました。

違いは以下の3点です。

  • RE-WF183は2022年製、RE-WF182は2021年製。
  • RE-WF183はフリーズドライスープ機能がある。
  • 本体のドア面のメニュー表示の違い。

違いをもっと詳しく知りたい方は、本文を読んでみてくださいね★

▼フリーズドライスープ機能あり♪2022年モデルのRE-WF183

カラーはホワイトとブラックの2色!

▼ドアパネルがシンプル♪2021年モデルのRE-WF182

カラーはホワイトとブラックの2色!

目次

シャープオーブンレンジRE-WF183とRE-WF182の違いを比較!

RF-WR183とRE-WF182の違いは以下の3つです。

  • RE-WF182の方が低価格。
  • E-WF183は、新機能付き(スープの素が利用可能)。
  • 本体のドア面のメニュー表示の違い。

RE-WF183は2022年製、RE-WF182は2021年製

RE-WF183は2022年6月発売、RE-WF182は2021年9月に発売されました。

つまり、RE-WF182はRE-WF183の型落ちモデルです。

2022年11月時点では、RE-WF183もRE-WF182も価格はほとんど同じです。

価格は日々変動するので、こちら↓から最新価格をチェックしてみてくださいね!

▼フリーズドライスープ機能あり♪2022年モデルのRE-WF183

カラーはホワイトとブラックの2色!

▼ドアパネルがシンプル♪2021年モデルのRE-WF182

カラーはホワイトとブラックの2色!

RE-WF183はフリーズドライスープ機能付き

RE-WF183は、市販のスープの素で調理が簡単にできる機能が新しく搭載されました。

使い方は、乾燥したスープとお水をレンジ対応のカップに入れて、メニューを選んでスタートボタンを押します。

忙しいときに、手軽に暖かいスープができるので便利な機能付きでオススメです。

本体のドア面のメニュー表示の違い

RE-WF183とRE-WF182では、メニュー表示に違いがあります。

RE-WF183は、メニュー表示機能の画面にイラストが追加されました。

パッと見て分かりやすいので、調理がしやすくなっています。

RE-WF182は、RE-WF183よりもメニューの項目が多く、文字のみです。

▼イラストでパッとみて分かりやすい♪RE-WF183

▼文字のみでシンプル♪RE-WF182

シャープオーブンレンジRE-WF183とRE-WF182はどっちがおすすめ?

RE-WF183とRE-WF182の2つの商品の違いを紹介してきました。

どちらがおすすめか、タイプ別に紹介しますね!

RE-WF183がおすすめの人

  • スープを簡単に調理したい人
  • イラストがあって分かりやすいデザインのメニュー表示を利用したい人
  • 新モデルを使いたい人

▼フリーズドライスープ機能あり♪2022年モデルのRE-WF183

カラーはホワイトとブラックの2色!

RE-WF182がおすすめの人

  • 価格が少しでも安い方がいい人
  • フリーズドライスープの機能が必要ない人
  • メニュー表示はシンプルな方がいい人

▼ドアパネルがシンプル♪2021年モデルのRE-WF182

カラーはホワイトとブラックの2色!

シャープオーブンレンジRE-WF183とRE-WF182共通の機能や特長

RE-WF183とRE-WF182に共通する機能や特長を紹介していきます。

トーストやノンフライ調理ができる

オーブンとレンジが一緒になっているため、トーストを焼いたり、油なしのノンフライ調理も可能になります。

★調理メニューの例★

自動メニュー
  • 冷凍食品のあたため
  • 牛乳やお酒、お弁当のあたため
  • フライあたため
  • ゆで葉菜
  • ゆで根菜
  • 全解凍
  • サックリ解凍
  • トースト(調理の途中で裏返す)
お惣菜
  • ラクチン!ベジ
  • ラクチン!煮物
  • 3分どんぶり
  • 5分おかず
  • から揚げ
  • グラタン
  • ハンバーグ
  • 塩ざけ
  • 塩さば
  • 焼き芋
お菓子・パン
  • スポンジケーキ
  • クッキー
  • ピザ(冷蔵、冷凍)

賢くラクに、センサーで調理

センサーが、食品の量に合わせて、自動で最適な熱量と時間で調理を行います。

調理する食材の量が変わっても、手動で設定しなくても済みます。

それだけではなく、使う容器も、プラスチック製かガラス製かも調べるので安心して料理が出来ます。

ただし、プラスチック製のものは、耐熱温度140度のものをご利用ください。

解凍もラクにできる

冷凍した食品をもとに戻すのに優れています。

ひき肉をほぐしやすくしたいときや、薄切り肉をはがしやすくしたいときは「全解凍」、ひき肉のかたまりを一部だけ料理したいときは、「サックリ解凍」が便利です。

食品が、包丁で切れる程度に戻っているので、使う分だけ取り残りは冷凍保存できます。

利用しやすい機能

使いやすくするために、さまざまな機能を取り入れています。

●液晶画面が見やすい

シャープオーブンレンジの画面は、液晶で大型です。ホワイトバックライトを使用しているので、見やすくなっています。

●機能操作がスムーズにできる

設定から開始まで、右から左に手で動かすだけで済みます。行ったりきたりせずに、流れるような動きで簡単に料理ができます。

お手入れがラク

かたく絞った布巾で拭けば、外側も内側もキレイに掃除できます。

シャープオーブンレンジは、手前にドアが開き間口が広いので奥の方まで手が届きます。

汚れが取れにくくなっている場合は、少し薄めた台所用洗剤で拭き、もう一度拭きとってください。

調理したあとのニオイをとる特殊な加工をしてありますが、ニオイが気になる方はお手入れメニューでケアできるので、ご利用ください。

RE-WF183とRE-WF182の違いを比較!シャープオーブンレンジどっちがおすすめかまとめ

この記事では、RE-WF183とRE-WF182の違い、共通する機能や特長をまとめました。

RE-WF183とRE-WF182の違いは、以下の3点です。

  • RE-WF183は2022年製、RE-WF182は2021年製。
  • RE-WF183はフリーズドライスープ機能がある。
  • 本体のドア面のメニュー表示の違い。

RE-WF183とRE-WF182の価格は、ほとんど変わりません。

フリーズドライ機能がほしいならRE-WF183。

パネルのメニュー表示にこだわりがなければ、価格の安さで選べばいいですよ(^^)

▼フリーズドライスープ機能あり♪2022年モデルのRE-WF183

カラーはホワイトとブラックの2色!

▼ドアパネルがシンプル♪2021年モデルのRE-WF182

カラーはホワイトとブラックの2色!

目次