KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違いを比較!どっちがおすすめ?アイリスオーヤマのシェフドラム

アイリスオーヤマのシェフドラムKDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違いを比較!どっちがおすすめ?

アイリスオーヤマのシェフドラムKDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hとの違いを比較しました。

どちらがおすすめなのかについても解説しています。

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違いは、以下の4つです。

  • KDAC-IA2-Tの内釜はダイヤモンド配合、DAC-IA2-Hの内釜はフッ素コート
  • KDAC-IA2-Tの自動調理数は108、DAC-IA2-Hは90
  • KDAC-IA2-Tのカラー展開はブラウン、DAC-IA2-Hはグレー
  • DAC-IA2-Hの方が安い

KDAC-IA2-Tの内釜はダイヤモンド配合なので、フッ素コートのDAC-IA2-Hより耐久性が高いです。

耐久力があり、自動調理の数が多い方がいい人はKDAC-IA2-T、予算を抑えたい人はDAC-IA2-Hがおすすめです。

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違いについてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ本文をご覧くださいね♪

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの口コミレビューについては、こちら↓の記事で紹介しています。

>> アイリスオーヤマ シェフドラムKDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの口コミレビュー!

目次

アイリスオーヤマのシェフドラムKDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違い

アイリスオーヤマのシェフドラムKDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違いは4つです。

  • 内釜の素材の違い
  • 自動調理数の違い
  • カラーの違い
  • 価格の違い

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違い①内釜の素材の違い

KDAC-IA2-Tの内釜には、コーティング内に人工ダイヤモンドが配合されています。

このコーティングを施すことにより食材がこびりつきにくく、汚れづらくもなってます。

DAC-IA2-Hは、ダイヤモンドコーティングはされておらずフッ素コートのみ。

もっとも硬いといわれるダイヤモンドが配合されていると、コーティングが剥がれづらくなります。

フッ素コートのみのDAC-IA2-Hと比べると、汚れもこびりつきにくくなるんですよ。

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違い②自動調理数の違い

KDAC-IA2-Tは自動で調理できるメニュー数は、108種類。

DAC-IA2-Hの自動で調理できるメニュー数は、90種類です。

「カレー類」、「豚バラと白菜のミルフィーユ」、「鮭のちゃんちゃん焼き」などはKDAC-IA2-Tでのみ作ることができます。

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違い③カラーバリエーションの違い

KDAC-IA2-Tのカラーはブラウンの一色のみとなっています。

DAC-IA2-Hのカラーは、グレーのみです。

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違い④価格の違い

KDAC-IA2-Tの販売金額は7〜8万円前後の金額帯なのに対し、DAC-IA2-Hは5〜6万円前後の金額帯になっています。

価格は日々変動するので、こちら↓から現在の価格をチェックしてみてくださいね。

アイリスオーヤマのシェフドラムKDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hはどっちがおすすめ?

KDAC-IA2-Tがおすすめの人

  • コーティングがダイヤモンド配合で剥がれづらい方がいい人
  • 自動調理のメニューが多いほうがいい人
  • ブラウンカラーが好きな人

DAC-IA2-Hがオススメの人

  • グレーカラーが好きな人
  • コストをおさえて購入したい人

アイリスオーヤマのシェフドラムKDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの共通の機能や特長

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの共通の機能や特長を紹介します。

使い方が簡単

KDAC-IA2-TもDAC-IA2-Hも使い方がとってもカンタン!

ぱっと見ると「使い方がムズカシそう・・」って感じてしまいますが、初めて使う人もカンタンに使えるようにボタン1つで操作できようになっています。

自動調理機能の優秀さや調理パターンの多さ

KDAC-IA2-TもDAC-IA2-Hも、自動調理をするときに内部が自動で回転します。

自動回転することにより、具材をかくはんしてムラなく加熱できるので、自宅で簡単にシェフの味を再現できます♪

「揚げる」、「炒める」、「煮込む」以外にも「焼く」、「低温調理」、「無水調理」、「スロー調理」の機能もあり、調理パターンの数も充実しています。

豊富なメニューが内蔵されているので、毎日の献立を考えるのもぐっと楽になります。

メニュー表も付いているので、あとは必要な具材を購入するだけ!

大容量だから家族分まとめて作り置きもできますし、予約機能や保温機能もついてます。

この機能を使えば「ながら調理」でもう一品作ったり空いた時間でお掃除などの他の家事もできちゃいますね(^^)

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違いを比較!どっちがおすすめかまとめ

この記事では、KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違いをまとめました。

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違いは、以下の4つです。

  • KDAC-IA2-Tの内釜はダイヤモンド配合、DAC-IA2-Hの内釜はフッ素コート
  • KDAC-IA2-Tの自動調理数は108、DAC-IA2-Hは90
  • KDAC-IA2-Tのカラー展開はブラウン、DAC-IA2-Hはグレー
  • DAC-IA2-Hの方が安い

充実した機能がほしい、耐久性が高い方がいいという人にはKADC-IA2-Tがおすすめ。

予算を抑えたいという人にはDAC-IA2-Hがおすすめです。

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの口コミレビューについては、こちら↓の記事で紹介しています。

>> アイリスオーヤマ シェフドラムKDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの口コミレビュー!

目次