EP-ZN30AとEP-ZN30Sの違いを比較!どっちがおすすめ?日立加湿空気清浄機

EP-ZN30AとEP-ZN30Sの違いを比較!どっちがおすすめ?日立加湿空気清浄機

日立加湿空気清浄機クリエアEP−ZN30AとEP−ZN30Sの違いを比較しました。

どちらがおすすめなのかも、タイプ別に解説しています!

日立加湿空気清浄機EP−ZN30AとEP−ZN30Sの違いは、以下の5つです。

  • EP−ZN30Aは2022年製、EP−ZN30Sは2020年製
  • EP−ZN30Sの方が安い
  • デザイン性
  • フィルターの使用期間:EP−ZN30Aは3年、EP−ZN30Sは2年
  • 空気清浄時間・範囲:EP−ZN30Aの方がスピーディーで広範囲

EP−ZN30Aは2022年8月発売、EP−ZN30Sは2020年9月発売です。

性能やデザインを重視したい方はEP−ZN30A、予算をできるだけ抑えたい方はEP−ZN30Sがおすすめです!

EP−ZN30Sは、茨城県日立市のふるさと納税返礼品にもなっています。

実質2,000円でEP−ZN30Sを手に入れるならこちら→ 楽天ふるさと納税

EP−ZN30AとEP−ZN30Sの違いについてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ本文をご覧くださいね♪

スピーディーに広範囲をキレイにするEP−ZN30A(2022年製)

価格重視!型落ちEP−ZN30S(2020年製)

目次

日立加湿空気清浄機EP-ZN30AとEP-ZN30Sの違いを比較!

EP−ZN30AとEP−ZN30Sの違いを紹介します。

違いとしては、以下の4項目があります。

EP-ZN30AとEP-ZN30Sの違いEP−ZN30Aは2022年製、EP−ZN30Sは2020年製

EP−ZN30Aは2022年8月発売、EP−ZN30Sは2020年9月発売です。

EP−ZN30Aの型落ち・旧モデルがEP−ZN30Sです。

EP-ZN30AとEP-ZN30Sの違い②EP-ZN30Sの方が安い

EP−ZN30SはEP−ZN30Aの型落ちですので、価格はEP−ZN30Sの方が安いです。

2つのモデルの販売価格の比較を表にまとめました。

楽天AmazonYahoo!
ショッピング
EP−ZN30A
(2022年製)
18,590円19,602円18,500円
EP−ZN30S
(2020年製)
11,800円10,604円11,800円
2022年11月時点。価格は変動する可能性があります

価格は日々変動するので、最新の価格はここから↓チェックしてみてくださいね。

スピーディーに広範囲をキレイにするEP−ZN30A(2022年製)

価格重視!型落ちEP−ZN30S(2020年製)

EP-ZN30AとEP-ZN30Sの違い③デザイン性の違い

新モデルのEP−ZN30Aの空気吸引部分が側面なのに対し、EP−ZN30Sは表面にあります。

そのため、EP−ZN30Aの方がよりスタイリッシュに設置することが可能です。

前面の溝にホコリがたまることもなくなりました(^^)

空気吸引部分は側面!スタイリッシュなEP−ZN30A♪

空気吸引部分は前面!EP−ZN30S♪

EP-ZN30AとEP-ZN30Sの違い④フィルターの使用期間

アレルオフHEPAフィルターと、加湿(気化)フィルターの交換時期に違いがあります。

EP−ZN30Sのフィルター交換目安が2年、EP−ZN30Aの交換目安は3年です。

フィルターの寿命が1年長くなり、コスパが良くなりました(^^)

EP-ZN30AとEP-ZN30Sの違い空気清浄時間・範囲

EP-ZN30Aの方が、EP−ZN30Aより早く空気清浄が可能です♪

早いだけでなく、EP−ZN30Aの方が適応範囲も広いので、性能がアップしていますね!

清浄時間の目安適用床面積の目安
EP−ZN30A
(2022年製)
8畳・17分
※60Hzは16分
〜16畳
※60Hzは〜17畳
EP−ZN30S
(2020年製)
8畳・18分〜15畳

スピーディーに広範囲をキレイにするEP−ZN30A(2022年製)

価格重視!型落ちEP−ZN30S(2020年製)

日立加湿空気清浄機EP-ZN30AとEP-ZN30Sはどっちがおすすめ?

EP-ZN30AとEP-ZN30Sの違いから、どちらがおすすめかタイプ別にまとめました!

EP-ZN30Aがおすすめの人

  • 性能を重視したい
  • 部屋にスタイリッシュに設置したい

性能アップ!スタイリッシュな2022年モデルのEP−ZN30A

EP-ZN30Sがおすすめの人

  • 予算を抑えたい
  • 見た目は気にしない

予算を抑えたいなら2020年モデルのEP−ZN30S

日立加湿空気清浄機EP-ZN30Sはふるさと納税返礼品で手に入る!

ふるさと納税なら実質2,000円

日立加湿空気清浄機EP-ZN30Sは、茨城県日立市のふるさと納税返礼品になっています。

ふるさと納税だと、実質2,000円でEP-ZN30Sが手に入ります。

実質2,000円でEP-ZN30Sを手に入れるならこちら→ 日立市ふるさと納税返礼品(楽天ふるさと納税)

ふるさと納税について詳しく知りたい方はこちら→ 楽天ふるさと納税はじめてガイド

シュミレーターで、あなたの寄付限度額を調べることもできます。

楽天ふるさと納税なら、普段のお買い物と同じような感覚で簡単にふるさと納税ができますよ(^^)

もちろん楽天ポイントも付きますし、使うこともできます♪

日立加湿空気清浄機EP-ZN30AとEP-ZN30Sの共通の機能や特長

EP−ZN30SとEP−ZN30A共通の機能や特徴をご紹介します。

どちらも、加湿タンクが1Lの気化式タイプの加湿機能付き空気清浄機です。

空気の汚れや花粉、ニオイをキャッチ

どちらにも、脱臭・集じん一体型フィルターであるアレルオフHEPAフィルターが搭載されています。

スギ花粉・ブタクサ花粉・カバノキ花粉・ダニのふん・ネコのふけなど日本人に多いアレル物質の抑制が可能です。

また、部屋の中のニオイで気になるタバコ臭・料理臭・生ごみ臭のニオイを取ることができます。

タバコの煙などから空気の汚れ具合を判別し、自動運転するニオイセンサーが搭載されているほか、空清・脱臭・ひかえめの選べる3つの自動モードもあります。

きれいな空気で加湿する

搭載されている加湿機能は、気化式のため追加電力がかからず節約にも繋がります。

また、フィルターを水で濡らす気化式は、吹き出し口から熱い蒸気が出ず、小さいお子さんやペットのいる家庭でも安心して使用できます。

タンク自体に水の残量が見える窓が設置されているため交換目安もわかりやすいです。

運転音が静か

引用元:公式サイト

運転音が静かなのも大きな特長です(^^)

静風量時では木の葉の触れ合う音よりも静かで、ターボ風量時でも通常の事務所程度です。

運転音が気になりにくいので、寝るときも活躍しますね♪

日立加湿空気清浄機EP-ZN30AとEP-ZN30Sの違いを比較!どっちがおすすめかまとめ

EP-ZN30AとEP-ZN30Sの違いを比較!どっちがおすすめ?日立加湿空気清浄機

この記事では、日立の加湿空気清浄機クリエアEP−ZN30SとEP−ZN30Aの違いを比較しました。

EP−ZN30SとEP−ZN30Aの違いは、以下の5点です。

  • EP−ZN30Aは2022年製、EP−ZN30Sは2020年製
  • EP−ZN30Sの方が安い
  • デザイン性
  • フィルターの使用期間:EP−ZN30Aは3年、EP−ZN30Sは2年
  • 空気清浄時間・範囲:EP−ZN30Aの方がスピーディーで広範囲

2022年モデルのEP−ZN30Aの方が価格が高いですが、2020年モデルのEP−ZN30Sに比べるとフィルターの使用期間が長く、性能もパワーアップしています(^^)

価格を重視したい方には、旧モデルのEP−ZN30Sがおすすめです♪

スピーディーに広範囲をキレイにするEP−ZN30A(2022年製)

価格重視!型落ちEP−ZN30S(2020年製)

目次