EE-RR50とEE-DC50の違いを比較!どっちがおすすめ?象印スチーム式加湿器

EE-RR50とEE-DC50の違いを比較!どっちがおすすめ?象印スチーム式加湿器

象印スチーム式加湿器EE−RR50とEE−DC50の違いを比較しました。

どちらがおすすめかも解説しています。

EE-DC50とEE-RR50は、どちらも2021年9月に発売された象印のスチーム式加湿器です。

EE-DC50のほうが長時間加湿できる上位モデルになっています。

象印スチーム式加湿器EE−RR50とEE−DC50の違いは、以下の7つです。

  • EE−RR50の容量は3.0L、EE−DC50の容量は4.0L
  • EE−DC50の方が高さがある・少し重たい
  • EE−DC50は「中」加湿モードがある・連続加湿時間が長い
  • EE−DC50の方がタイマーの種類が多い
  • EE−DC50には「明るさ切替ボタン」がある
  • EE−RR50はホワイトのみ、EE−DC35はホワイトとグレー
  • EE−RR50の方が安い

EE-RR50がおすすめなのは、
・予算を抑えたい人
・なるべくコンパクトで軽いほうがいい人
・色はホワイトがいい人

上位モデルEE-DC50がおすすめなのは、
・1回の給水でより長く運転したい人
・明るさ切替ボタンを使って、ランプの光が気にならないようにしたい人
・タイマーを細かく設定したい人
・色はグレーが好きな人

もっと詳しく知りたい方は、ぜひ本文をご覧くださいね♪

EE-RR50は、大阪府大東市のふるさと納税返礼品にもなっています。

実質2,000円でEE-RR50を手に入れるならこちら→ 楽天ふるさと納税

コンパクトで軽量!価格重視ならEE−RR50♪カラーはホワイトのみ!

EE-RR50の口コミや電気代についてはこちら↓の記事にまとめています♪

>> 象印スチーム式加湿器EE-RR50の口コミレビュー!電気代も調査!

型番違いのEE-RR35とEE-DC35の違いは、こちら↓の記事にまとめています♪
>> EE-RR35とEE-DC35の違いを比較!どっちがおすすめ?

目次

象印スチーム式加湿器EE-RR50とEE-DC50の違いを比較!

それでは早速、E-RR50とEE-DC50の違いをご紹介します。

違いとしては、以下の7点があります。

EE-RR50とEE-DC50の違い①容量の違い

◆ EE-RR50

容量3.0L

EE-DC50

容量4.0L

EE−RR50とEE−DC50はどちらも適用床面積の目安は13畳ですが、容量の違いがあります。

EE−RR50は、容量が3.0Lなのに対し、EE−DC50は4.0Lと少し大きくなっているのが特徴です。

容量が大きいということは、給水する回数が少なくて済むので楽ちんですね♪

EE-RR50とEE-DC50の違い②サイズ・重さの違い

容量が多い分、EE−DC50の方が少し大きい作りとなっています。

サイズや重さは以下のとおり。

◆ EE-RR50

幅24×奥行26×高さ31.5cm

重さ2.4kg

EE-DC50

幅24×奥行27.5×高さ36.5cm

重さ2.9kg

幅は同じで、EE-DC50のほうが奥行きが少し大きく、重さは500グラム増えていますね。

高さは5センチ違いますが、加湿器の上に物を置くことはないでしょうから、違いはそんなに気にならないのではないでしょうか(^^)

EE-RR50とEE-DC50の違い③連続加湿モード・時間の違い

EE−RR50では、連続加湿の段階が「強」と「弱」だけなのに対し、EE−DC50では新たに「中」という段階が追加されています。

また、連続加湿時間も違いがあります。

◆ EE-RR50の連続加湿時間

弱:24時間

強:6時間

EE-DC50の連続加湿時間

弱:32時間

中:16時間

強:8時間

EE−DC50は連続加湿の段階が増えただけでなく、時間も大幅に長くなっています♪

EE-RR50とEE-DC50の違い④タイマーの違い

EE-RR50とEE-DC50では、「入、切デュアルタイマー」の時間設定にも違いがあります。

◆ EE-RR50のタイマー

入:6時間

切:2時間

EE-DC50のタイマー

入:4・6・8時間

切:1・2・4時間

EE−DC50のほうが、入タイマー・切タイマーともに選択肢が広がっています。

より便利に使えそうですね(^^)

EE-RR50とEE-DC50の違い⑤明るさ切替ボタンの有無

EE-DC50には、明るさ切替ボタンが搭載されています。

ランプの明るさを「明/暗」に切り替えることができます。

就寝時に部屋を暗くしたい!加湿器のランプの光が気になる!という方には嬉しい機能ですね♪

EE-RR50とEE-DC50の違い⑥カラーバリエーションの違い

EE−RR50のカラーはホワイトのみ。

EE−DC50では、新しくグレーのカラーが追加されています。

コンパクトで軽量!価格重視ならEE−RR50♪カラーはホワイトのみ!

EE-RR50は、大阪府大東市のふるさと納税返礼品にもなっています。

実質2,000円でEE-RR50を手に入れるならこちら→ 楽天ふるさと納税

EE-RR50とEE-DC50の違い⑦価格の違い

楽天AmazonYahoo!
ショッピング
EE-RR50¥11,800¥13,780¥11,780
EE-DC50¥16,500¥16,300¥16,108
2022年12月時点

価格は日々変動するため、最新の価格はこちら↓からチェックしてみてくださいね!

コンパクトで軽量!価格重視ならEE−RR50♪カラーはホワイトのみ!

象印スチーム式加湿器EE-RR50とEE-DC50はどっちがおすすめ?

EE-RR50とEE-DC50の違いから、どちらがおすすめかタイプ別にまとめました!

EE-RR50がおすすめの人

  • 少しでも小さく、コンパクトなほうがいい人
  • 予算をなるべく抑えたい人
  • カラーはホワイトで問題ない人

コンパクトで軽量!価格重視ならEE−RR50♪カラーはホワイトのみ!

EE-RR50は、大阪府大東市のふるさと納税返礼品にもなっています。

実質2,000円でEE-RR50を手に入れるならこちら→ 楽天ふるさと納税

EE-DC50がおすすめの人

  • 1度の給水で長時間加湿したい人
  • 細かくタイマーを設定したい人
  • 明るさ切替ボタンを使って、ランプの光が気にならないようにしたい人
  • グレーが好きな人

EE-RR50はふるさと納税返礼品で手に入る!

ふるさと納税なら実質2,000円

EE-RR50は、大阪府大東市のふるさと納税返礼品になっています。

ふるさと納税だと、実質2,000円でEE-RR50が手に入ります。

実質2,000円でEE-RR50を手に入れるならこちら→ 大東市ふるさと納税返礼品(楽天ふるさと納税)

ふるさと納税について詳しく知りたい方はこちら→ 楽天ふるさと納税はじめてガイド

シュミレーターで、あなたの寄付限度額を調べることもできます。

楽天ふるさと納税なら、普段のお買い物と同じような感覚で簡単にふるさと納税ができますよ(^^)

もちろん楽天ポイントも付きますし、使うこともできます♪

象印スチーム式加湿器EE-RR50とEE-DC50の共通の機能や特長

EE-RR50とEE-DC50に共通する機能や特長を紹介します。

お手入れがラク

EE-RR50もEE-DC50にもフィルターが付いておらず、フィルター交換という手間がかかりません。

本体は口が広くて、お手入れがラクです。

汚れが気になるときは、洗浄用のクエン酸を入れるだけで簡単にお掃除できますよ♪

万が一のときも安心な設計

EE-RR50にもEE-DC50にも、万が一のときに安心な機能があります。

チャイルドロック

チャイルドロックボタンを押すと、すべての操作ができない状態になります。

小さい子どもやペットがいるおうちではロックしておくと安心ですね。

ふた開閉ロック

加湿器のふたは、必ずロックされるようになっています。

もしも加湿器が倒れるようなことがあっても、給水するところは簡単には開かないので安心です(^^)

転倒湯もれ防止構造

もし加湿器が倒れても、お湯がもれるのを最小限にしてくれます。

スチーム式で清潔

EE-RR50もEE-DC50も水を沸騰させるスチーム式なので、カビや雑菌が繁殖しにくく、清潔を保ちやすいです(^^)

象印スチーム式加湿器EE-RR50とEE-DC50の違いを比較!どっちがおすすめかまとめ

EE-RR50とEE-DC50の違いを比較!どっちがおすすめ?象印スチーム式加湿器

この記事では、象印スチーム式加湿器EE-RR50とEE-DC50の違いを比較しました。

EE-RR50とEE-DC50の違いは、以下の7点です。

  • EE−RR50の容量は3.0L、EE−DC50の容量は4.0L
  • EE−DC50の方が高さがある・少し重たい
  • EE−DC50は「中」加湿モードがある・連続加湿時間が長い
  • EE−DC50の方がタイマーの種類が多い
  • EE−DC50には「明るさ切替ボタン」がある
  • EE−RR50はホワイトのみ、EE−DC35はホワイトとグレー
  • EE−RR50の方が安い

EE-RR50がおすすめなのは、
・予算を抑えたい人
・なるべくコンパクトで軽いほうがいい人
・色はホワイトがいい人

コンパクトで軽量!価格重視ならEE−RR50♪カラーはホワイトのみ!

EE-RR50の口コミや電気代についてはこちら↓の記事にまとめています♪

>> 象印スチーム式加湿器EE-RR50の口コミレビュー!電気代も調査!

EE-RR50は、大阪府大東市のふるさと納税返礼品にもなっています。

実質2,000円でEE-RR50を手に入れるならこちら→ 楽天ふるさと納税

上位モデルEE-DC50がおすすめなのは、
・1回の給水でより長く運転したい人
・明るさ切替ボタンを使って、ランプの光が気にならないようにしたい人
・タイマーを細かく設定したい人
・色はグレーが好きな人

目次