EE-RR35とEE-DC35の違いを比較!どっちがおすすめ?象印スチーム式加湿器

EE-RR35とEE-DC35の違いを比較!どっちがおすすめ?象印スチーム式加湿器

象印スチーム式加湿器EE−RR35とEE−DC35の違いを比較しました。

どちらがおすすめかも解説しています。

象印スチーム式加湿器EE−RR35とEE−DC35の違いは、以下の6つです。

  • EE−RR35の容量は2.2L、EE−DC35の容量は3.0L
  • EE−DC35の方が高さがある・少し重たい
  • EE−DC35は「中」加湿モードがある・連続加湿時間が長い
  • EE−DC35の方がタイマーの種類が多い
  • EE−RR35はホワイトのみ、EE−DC35はホワイトとグレー
  • EE−RR35の方が安い

1番の違いは「連続加湿時間」なので、一度の給水でより長時間稼働させたい人にはEE−DC35がおすすめ!

こまめに給水できる人には、EE−RR35がおすすめです。

もっと詳しく知りたい方は、ぜひ本文をご覧くださいね♪

コンパクトで軽量!価格重視ならEE−RR35♪カラーはホワイトのみ!

型番違いのEE-RR50とEE-DC50の違いは、こちらの記事にまとめています↓
>> EE-RR50とEE-DC50の違いを比較!どっちがおすすめ?象印スチーム式加湿器

目次

象印スチーム式加湿器EE-RR35とEE-DC35の違いを比較!

それでは早速、E-RR35とEE-DC35の違いをご紹介します。

違いとしては、以下の6点があります。

  • EE−RR35の容量は2.2L、EE−DC35の容量は3.0L
  • EE−DC35の方が高さがある・少し重たい
  • EE−DC35は「中」加湿モードがある・連続加湿時間が長い
  • EE−DC35の方がタイマーの種類が多い
  • EE−RR35はホワイトのみ、EE−DC35はホワイトとグレー
  • EE−RR35の方が安い

EE-RR35とEE-DC35の違い①容量の違い

◆ EE-RR35

容量2.2L

EE-DC35

容量3.0L

EE−RR35とEE−DC35はどちらも適用床面積の目安は一緒ですが、容量の違いがあります。

EE−RR35は、容量が2.2Lなのに対し、EE−DC35は3.0Lと少し大きくなっているのが特徴です。

容量が大きいということは、お水を入れる回数が少なくて済むので、部屋にいる時間が長い人にとっては朗報ですね♪

EE-RR35とEE-DC35の違い②サイズ・重さの違い

容量が多い分、EE−DC35の方が少し大きい作りとなっています。

サイズや重さは以下のとおり。

◆ EE-RR35

幅24cm×奥行き26cm×高さ27.5cm

重さ2.3kg

EE-DC35

幅24cm×奥行き27.5cm×高さ32.5cm

重さ2.7kg

幅は同じで、EE-DC35のほうが奥行きが少し大きく、重さは400グラム増えていますね。

高さは5センチ違いますが、加湿器の上に物を置くことはないでしょうから、違いはそんなに気にならないのではないでしょうか(^^)

EE-RR35とEE-DC35の違い③連続加湿モード・時間の違い

EE−RR35では、連続加湿の段階が「強」と「弱」だけなのに対し、EE−DC35では新たに「中」という段階が追加されています。

また、連続加湿時間も違いがあります。

◆ EE-RR35の連続加湿時間

弱:27時間

強:6時間

EE-DC35の連続加湿時間

弱:32時間

中:16時間

強:8時間

EE−DC35は連続加湿の段階が増えただけでなく、時間も大幅に長くなっています♪

加湿時間が長いほど、お水を替える回数が少なくて楽ちんですね!

EE-RR35とEE-DC35の違い④タイマーの違い

EE-RR35とEE-DC35では、「入、切デュアルタイマー」の時間設定にも違いがあります。

◆ EE-RR35のタイマー

入:6時間

切:2時間

EE-DC35のタイマー

入:4・6・8時間

切:1・2・4時間

EE−RR35では、入タイマーは6時間、切タイマーは2時間、それぞれ個別に選択が可能になっています。

一方、EE−DC35では、入タイマーは4/6/8時間、切タイマーは1/2/4時間、それぞれ3段階個別に選択が可能となっています。

EE-RR35とEE-DC35の違い⑤カラーバリエーションの違い

EE−RR35のカラーはホワイトのみ。

EE−DC35では、新しくグレーのカラーが追加されています。

グレーの色がいい人にとっては、EE−DC35一択ですね(^^)

コンパクトで軽量!価格重視ならEE−RR35♪カラーはホワイトのみ!

EE-RR35とEE-DC35の違い⑥価格の違い

楽天AmazonYahoo!
ショッピング
EE-RR35¥10,980¥11,798¥10,880
EE-DC35¥15,375¥15,626¥14,980
2022年12月時点

価格は日々変動するため、最新の価格はこちら↓からチェックしてみてくださいね!

コンパクトで軽量!価格重視ならEE−RR35♪カラーはホワイトのみ!

象印スチーム式加湿器EE-RR35とEE-DC35はどっちがおすすめ?

EE-RR35とEE-DC35の違いから、どちらがおすすめかタイプ別にまとめました!

EE-RR35がおすすめの人

  • 少しでも小さく、コンパクトなほうがいい人
  • 予算をなるべく抑えたい人
  • カラーはホワイトで問題ない人

コンパクトで軽量!価格重視ならEE−RR35♪カラーはホワイトのみ!

EE-DC35がおすすめの人

  • 1度の給水で長時間加湿したい人
  • 細かくタイマーを設定したい人
  • グレーが好きな人

象印スチーム式加湿器EE-RR35とEE-DC35の共通の機能や特長

EE-RR35とEE-DC35に共通する機能や特長を紹介します。

清潔な蒸気のスチーム式

一度煮沸消毒された綺麗な水蒸気を約65度まで冷ましてお部屋を加湿します。

そのため、加湿器のタイプの中で一番衛生的で安全性が高いです。

お手入れが簡単

EE−RR35とEE−DC35のどちらもフィルター不要で広口容器となっています。

象印ならではのポットと同じ構造のため、水もただ入れるだけと簡単に補充ができます。

また、フッ素加工もされているため、お手入れも簡単です。

安心設計

「チャイルドロック」「ふた開閉ロック」「転倒湯もれ防止構造」の3つの安全設計が備わっています。

チャイルドロック:キーを3秒長押しするだけで、全ての操作ができなくなります。

ふた開閉ロック:レバーで常にふたをロックしているので、転倒しても簡単に開かない構造となっています。

転倒湯もれ防止構造:本体をうっかり倒しても湯もれを最小限に抑えます。

そのほかの特徴として、

・自動加湿3段階機能

・湿度モニター

・湯沸かし音セーブモード

・運転時間に合わせて給水できる水位線

・ランプとブザーによる空だき防止機能

といった機能も搭載されています。

象印スチーム式加湿器EE-RR35とEE-DC35のスペック比較表

最後に、EE-RR35とEE-DC35のスペックを表にまとめたので、参考にしてくださいね。

EE−RR35EE−DC35
消費電力(W)湯沸かし立ち上げ時985985
消費電力(W)加湿時305305
定格加湿能力(mL/h)350350
適用床面積の目安(木造和室)10㎡(6畳)10㎡(6畳)
適用床面積の目安(集合住宅及びプレハブ洋室)16㎡(10畳)16㎡(10畳)

象印スチーム式加湿器EE-RR35とEE-DC35の違いを比較!どっちがおすすめかまとめ

EE-RR35とEE-DC35の違いを比較!どっちがおすすめ?象印スチーム式加湿器

この記事では、象印スチーム式加湿器EE-RR35とEE-DC35の違いを比較しました。

EE-RR35とEE-DC35の違いは、以下の6点です。

  • EE−RR35の容量は2.2L、EE−DC35の容量は3.0L
  • EE−DC35の方が高さがある・少し重たい
  • EE−DC35は「中」加湿モードがある・連続加湿時間が長い
  • EE−DC35の方がタイマーの種類が多い
  • EE−RR35はホワイトのみ、EE−DC35はホワイトとグレー
  • EE−RR35の方が安い

EE−DC35は、EE−RR35と比べ容量が大きく、長時間稼働させることが可能です。

そのため、一度の給水で長い時間加湿することができるEE−DC35はおすすめです

コンパクトで軽量!価格重視ならEE−RR35♪カラーはホワイトのみ!

目次