EA-KK30とEA-KJ30の違いを比較!どっちがおすすめ?象印ホットプレートやきやき

EA-KK30とEA-KJ30の違いを比較!どっちがおすすめ?象印ホットプレートやきやき

象印ホットプレートやきやきEA-KK30とEA-KJ30の違いを比較しました。

どちらがおすすめかも解説します。

象印ホットプレートやきやきEA-KK30とEA-KJ30の違いは、以下の2つです。

  • 発売日:EA-KK30の方が新しい
  • 価格帯:EA-KJ30の方が安い

EA-KK30とEA-KJ30は機能面・サイズ・カラーなどはほとんど同じです。

EA-KK30がおすすめなのは、最新型にこだわりたい人。

EA-KJ30がおすすめなのは、予算をおさえたい人です。

本文では、EA-KK30とEA-KJ30の便利な機能や特長も紹介しますね♪

EA-KK30の口コミレビューは、こちら↓の記事にまとめました。

>> 象印ホットプレートやきやきEA-KK30の口コミレビュー!丸洗いできる?

▼機能は同じ!最新モデルがいいならEA-KK30♪

▼機能は同じ!予算を抑えたいならEA-KJ30♪

目次

象印ホットプレートやきやきEA-KK30とEA-KJ30の違いを比較!

それでは早速、EA-KK30とEA-KJ30との違いを見ていきましょう。

違いは以下の2つです。

  • 発売日:EA-KK30の方が新しい
  • 価格帯:EA-KJ30の方が安い

それぞれ詳しく紹介します。

EA-KK30とEA-KJ30の違い①発売日:EA-KK30の方が新しい

EA-KK30とEA-KJ30では、発売された日にちが違います。

    EA-KK30:2022年6月

    EA-KJ30:2020年8月

比べてみると、EA-KK30の方が2年ほど新しいことがわかります。

EA-KK30とEA-KJ30の違い②価格帯:EA-KJ30の方が安い

EA-KK30とEA-KJ30の価格を、大手ECショッピングサイトで比較してみました。

Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
EA-KK3012,870円〜11,938円〜14,000円〜
EA-KJ3011,540円〜11,480円〜

比べてみると、EA-KJ30の方が最大で2,500円ほど安いことがわかります。

これらの価格は日々変動しますので、こちら↓から現在の価格を確認してくださいね♪

▼機能は同じ!最新モデルがいいならEA-KK30♪

▼機能は同じ!予算を抑えたいならEA-KJ30♪

象印ホットプレートやきやきEA-KK30とEA-KJ30はどっちがおすすめ?

EA-KK30とEA-KJ30のどちらがどのような方におすすめなのか解説していきます。

EA-KK30がおすすめの人

EA-KK30がおすすめなのは、最新型にこだわりたい人です。

EA-KK30はEA-KJ30よりも2年ほど後に発売されました。

価格はより高いですが、それよりも発売日の新しさにこだわりたい方におすすめです。

▼機能は同じ!最新モデルがいいならEA-KK30♪

EA-KJ30がおすすめの人

EA-KJ30の方がおすすめなのは、 予算をおさえたい人です。

EA-KJ30はEA-KK30よりも価格帯が安いです。

搭載されている機能は同じなので、価格にこだわってよりおトクに買いたい方におすすめです。

▼機能は同じ!予算を抑えたいならEA-KJ30♪

象印ホットプレートやきやきEA-KK30とEA-KJ30の共通の機能や特長

ここからは、EA-KK30とEA-KJ30の共通の機能や特徴をまとめていきます。

深さ3.5cmの深型プレートで「焼く」も「煮る」も

EA-KK30とEA-KJ30にはどちらも深型プレートがついています。

これにより、定番の料理だけでなくパエリアやパスタ、すき焼きなど汁気が多い料理も可能です。料理のレパートリーがぐっと広がります♪

ホットプレートの料理は家族みんなで作って楽しむことができるので、レパートリーが増えるとありがたいですよね。

傾斜溝つき焼肉プレートで油もスッキリ

EA-KK30とEA-KJ30の焼肉プレートには傾斜と溝がついています。

そのため、従来のプレートよりも油切れが約50%もアップしています。

また、油の飛び散りも約50%カットになりました。

油の飛び散りが減ることでテーブルも汚れにくいですし、油切れしやすいと洗い物の負担も軽減しますね♪

たこ焼きプレートでお家たこ焼きも

EA-KK30とEA-KJ30には、区切り線がついたたこ焼きプレートが付属しています。

直径43mmのたこ焼きを一度に30個焼くことができますよ。

たこ焼き器がないとお家でたこ焼きを作るのは難しいですよね。

それがこちらのホットプレートEA-KK30とEA-KJ30が1台あるだけで可能になるんです。

3層構造で傷つきにくい深型プレート

付属している深型プレートには、チタン入りフッ素と2層のセラミックコートで3層構造になっています。

これにより、より丈夫で傷つきにくくなっているので長く使うことにも繋がりそうですね。

▼機能は同じ!最新モデルがいいならEA-KK30♪

▼機能は同じ!予算を抑えたいならEA-KJ30♪

象印ホットプレートやきやきEA-KK30とEA-KJ30のスペック比較表

最後に、EA-KK30とEA-KJ30のスペックを表にまとめました。

EA-KK30EA-KJ30
消費電力1300W1300W
外形寸法幅48×奥行33×高さ14(cm)幅48×奥行33×高さ14(cm)
プレート内寸深型:幅40.8×奥行27.3×深さ3.5(cm)
焼肉:幅40.8×奥行27.3×深さ1.8(cm)
たこ焼き:幅40.8×奥行27.3×深さ1.4(cm)
深型:幅40.8×奥行27.3×深さ3.5(cm)
焼肉:幅40.8×奥行27.3×深さ1.8(cm)
たこ焼き:幅40.8×奥行27.3×深さ1.4(cm)
本体質量約7kg約7kg
コード長約2.5m約2.5m
最高温度(ふたなし)250°C250°C

象印ホットプレートやきやきEA-KK30とEA-KJ30の違いを比較!どっちがおすすめかまとめ

この記事では、象印ホットプレートEA-KK30とEA-KJ30の違いを比較してみました。

違いをおさらいすると、

  • 発売日:EA-KK30の方が新しい
  • 価格帯:EA-KJ30の方が安い

基本的な機能やサイズなどは同じものなので、違いは発売日と価格帯の2つです。

そのため、EA-KK30の方がおすすめなのは、最新型にこだわりたい人。

EA-KK30の方が約2年ほど後に発売されているので、価格が高くても最新のものを使いたい方におすすめです。

これに対して、EA-KJ30の方がおすすめなのは、予算をおさえたい人。

EA-KJ30の方が全体的に価格帯が安いので、極力低価格で購入したい方におすすめです。

EA-KK30とEA-KJ30はどちらも機能性が高く、家族でいろいろなメニューが楽しめる優れものです。

価格を優先するか、新しさを優先するかで購入を検討するのが良いでしょう。

▼機能は同じ!最新モデルがいいならEA-KK30♪

▼機能は同じ!予算を抑えたいならEA-KJ30♪

EA-KK30の口コミレビュー記事はこちら↓

>> 象印ホットプレートやきやきEA-KK30の口コミレビュー!丸洗いできる?

目次