DWS-33AとDWS-22Aの違いを比較!どっちがおすすめ?東芝食洗機

DWS-33AとDWS-22Aの違いを比較!どっちがおすすめ?東芝食洗機

東芝の食洗機DWS-33AとDWS-22Aの違いを比較しました。

DWS-33AとDWS-22Aの違いは、以下の5つです。

  • 発売時期:DWS-33Aは2022年9月、DWS-22Aは2020年2月発売
  • 価格帯:DWS-22Aの方が安い
  • 一度に洗える食器の数:DWS-33Aの方が多い
  • 乾燥方法:DWS-33Aにはヒーター式温風乾燥機能がある
  • 使用する水量:DWS-22Aの方が少ない

このことから考えると、DWS-33A(2022年モデル)がおすすめな方は、

  • 一度にたくさんの食器を洗いたい人
  • 3人家族より多い人
  • 新しい乾燥機能でより速く食器を乾かしたい人

これに対して、DWS-22A(2020年モデル)がおすすめな方は、

  • 2.5人分までの食器が洗えればいい人
  • 使用する水量を減らしたい人
  • 価格を抑えて購入したい人

3人分洗える♪2022年モデルDWS-33A

価格重視!2.5人分までなら型落ち2020年モデルDWS-22A

本文では、DWS-33AとDWS-22Aとの違いをより詳しく紹介していきます♪

目次

DWS-33AとDWS-22Aの違いを比較!

それでは早速、DWS-33AとDWS-22Aの違いを紹介します。

違いとしては、以下の5点があります。

  • 発売時期:DWS-33Aは2022年9月、DWS-22Aは2020年2月発売
  • 価格帯:DWS-22Aの方が安い
  • 一度に洗える食器の数:DWS-33Aの方が多い
  • 乾燥方法:DWS-33Aにはヒーター式温風乾燥機能がある
  • 使用する水量:DWS-22Aの方が少ない

DWS-33AとDWS-22Aの違い発売時期

発売時期

DWS-33A:2022年9月発売

DWS-22A:2020年2月発売

DWS-33Aは2022年9月発売、DWS-22Aは2020年2月に発売された食器洗い乾燥機です。

DWS-33Aの型落ち・旧モデルがDWS-22Aです。

DWS-33AとDWS-22Aの違いDWS-22Aの方が安い

大手ショッピングサイトを見ると、現時点では以下のような金額で販売されています。

 楽天市場amazonYahoo!ショッピング
DWS-33A(2022年製)47,740円 ~      –45,694円 ~
DWS-22A(2020年製)46,039円 ~37,640円 ~35,620円 ~

型落ちDWS-22Aのほうが、価格帯は低めです。

価格は変動しますので、実際に購入される際はこちら↓で金額を確認してくださいね。

3人分洗える♪2022年モデルDWS-33A

価格重視!2.5人分までなら型落ち2020年モデルDWS-22A

DWS-33AとDWS-22Aの違い③一度に洗える食器の数の違い

DWS-33AとDWS-22Aのそれぞれに、標準収納容量という目安が設けられているので比較してみました。

一度に洗える食器の数

DWS-33A:3人分・食器18点(大皿3点、中鉢3点、小皿3点、茶碗3点、汁椀3点、コップ3点、お箸、スプーン、フォーク)

DWS-22A:2.5人分・食器15点(大皿2点、中皿3点、小皿2点、茶碗2点、汁椀2点、小鉢2点、コップ2点、お箸、スプーン、フォーク)

DWS-33Aの方が、食器3点分多く洗うことができると想定されています。

忙しい中洗い物を済ませなければならない方にとっては、この違いは大きいのではないでしょうか?

DWS-33AとDWS-22Aの違い④乾燥方法の違い

引用元:公式サイト

2022年モデルのDWS-33Aには、新たにヒーター式温風乾燥機能が追加されています。

DWS-22Aに搭載されている送風式の乾燥よりも温度が高い分、より速く乾くことが期待できますよ♪

DWS-33AとDWS-22Aの違い⑤使用する水の量の違い

DWS-22Aは、DWS-33Aに比べて使用する水の量が少ないです。

使用する水の量

DWS-33A:1回あたり約6L(手洗いの約1/6)

DWS-22A:1回あたり約5L(手洗いの約1/7)

1日に3回の使用を想定して比較すると、1日あたり約3L、1ヶ月だと約90Lの違いが出てきます。

正直この2つのどちらを使っても、手洗いをするよりずっと少ない水量で済みます。

ですが、DWS-22Aを使うと、より節水に繋がりそうですね。

DWS-33AとDWS-22Aはどっちがおすすめ?

DWS-33AとDWS-22Aの違いや特長を踏まえて、DWS-33AとDWS-22Aのどちらがおすすめなのかまとめました。

DWS-33Aがおすすめの人

  • 一度にたくさんの食器を洗いたい人
  • 3人家族より多い人
  • 新しい乾燥機能でより速く食器を乾かしたい人

DWS-33Aの魅力は、新たに追加された機能性にあります。

「新たな機能を駆使して家事の負担を減らしたい!」という方にはDWS-33Aがおすすめです。

3人分洗える♪2022年モデルDWS-33A

DWS-22Aがおすすめの人

  • 2.5人分までの食器が洗えればいい人
  • 使用する水の量を減らしたい人
  • 価格を抑えて購入したい人

DWS-22Aの魅力は、家計と環境、両方に優しいところです。

そのため、「今までは手洗いをしてきたけれども、食器洗い乾燥機を使ってみたい!」という初心者の方に、よりおすすめです。

価格重視!2.5人分までなら型落ち2020年モデルDWS-22A

DWS-33AとDWS-22Aの違いを比較!どっちがおすすめ?東芝食洗機まとめ

DWS-33AとDWS-22Aの違いを比較!どっちがおすすめ?東芝食洗機

この記事では、東芝の食洗機DWS-33AとDWS-22Aの違いを比べました。

DWS-33AとDWS-22Aの違いをおさらいをすると、以下の5つです。

  • 発売時期:DWS-33Aは2022年9月、DWS-22Aは2020年2月発売
  • 価格帯:DWS-22Aの方が安い
  • 一度に洗える食器の数:DWS-33Aの方が多い
  • 乾燥方法:DWS-33Aにはヒーター式温風乾燥機能がある
  • 使用する水の量:DWS-22Aの方が少ない

DWS-33A(2022年発売)がおすすめな方は、

  • 一度にたくさんの食器を洗いたい人
  • 3人家族より多い人
  • 新しい乾燥機能でより速く食器を乾かしたい人

DWS-22A(2020年発売)がおすすめな方は、

  • 2.5人分までの食器が洗えればいい人
  • 使用する水の量を減らしたい人
  • 価格を抑えて購入したい人

3人分洗える♪2022年モデルDWS-33A

価格重視!2.5人分までなら型落ち2020年モデルDWS-22A

目次