CY3601JPとCY3501JPの違いを比較!どっちがおすすめ?ティファール ラクラクッカー

CY3601JPとCY3501JPの違いを比較!どっちがおすすめ?ティファール ラクラクッカー

ティファールのラクラクッカーCY3601JPとCY3501JPの違いを比較しました。

CY3601JPとCY3501JPの違いは、以下の7つです。

  • CY3601JPは2022年製、CY3501JPは2020年製
  • CY3501JPの方が安い
  • CY3601JPの方が容量が大きい
  • CY3601JPは味染み仕上げ機能が新搭載
  • ECY3601JPの方が最大圧力が大きい
  • ECY3601JPの方がレシピ数が多い
  • レシピモードと調理モードの違い

CY3601JPは2022年11月発売、CY3501JPは2020年4月発売です。

1番の違いは、調理機能の充実さにあります。

充実した調理機能を使い、料理のレパートリーを増やしたい方には、CY3601JPがおすすめ!

定番料理を簡単に調理したい方には、CY3501JPがおすすめです。

CY3601JPとCY3501JPの違いをもっと詳しく知りたい方は、ぜひ本文をご覧くださいね♪

充実した調理機能♪2022年モデルCY3601JP

CY3601JPの口コミを知りたい方は、こちらの記事をご覧ください♪
↓ ↓
>> CY3601JPの口コミレビュー!パッキンの別売りはある?ティファール ラクラクッカー旨み電気圧力鍋

定番料理を簡単に2020年モデルCY3501JP

目次

ティファールのラクラクッカーCY3601JPとCY3501JPの違いを比較!

それでは早速、ティファールのラクラクッカーCY3601JPとCY3501JPの違いを紹介します。

違いとしては、以下の7点があります。

CY3601JPとCY3501JPの違い①発売時期

発売時期

CY3601JP:2022年11月発売

CY3501JP:2020年4月発売

CY3601JPは2022年11月発売、CY3501JPは2020年4月発売です。

CY3601JPの型落ち・旧モデルがCY3501JPです。

CY3601JPとCY3501JPの違いCY3501JPの方が安い

楽天AmazonYahoo!
ショッピング
CY3601JP
(2022年製)
31,800円35,400円
CY3501JP
(2020年製)
11,850円12,000円10,780円
2022年11月時点。価格は変動する可能性があります

CY3501JPはCY3601JPの旧型なので、型落ちのCY3501JPのほうが約2万円安いです。

発売が2年違うとはいえ、2万円の差は結構大きいですね!

価格は日々変動するので、最新の価格はこちらから↓チェックしてみてくださいね!

2022年モデルのCY3601JP

2020年モデルのCY3501JP

CY3601JPとCY3501JPの違い③容量の違い

容量

CY3601JP(2022年モデル):4L(約5人前分)

CY3501JP(2020年モデル):3L(約4人前分)

旧型モデルのCY3501JPは容量が3Lでしたが、新型モデルのCY3601JPの容量は4Lです。

夫婦だけや、子どもがまだ小さい家族ならCY3501JP(容量3L)、よく食べるご家庭や子どもが大きい家族はCY3601JP(容量4L)がおすすめです。

作り置きしておきたい人には、容量4LのCY3601JPがぴったりです。

CY3601JPとCY3501JPの違い④味染み仕上げが新搭載

引用元:公式サイト

新型モデルのCY3601JPには、新しく「味染み仕上げ機能」が搭載されています。

圧力調理では、高温により食材の繊維が壊れ、食材の中の水分や旨みが煮汁に流出しやすくなります。

この味染み仕上げ機能では、火入れをした後に煮込みに適した温度までじっくり下げることで、食材から流出した水分や旨みを再び食材の中へ染み込ませることができます。

そのため、より美味しい煮込み料理に仕上がりますよ(^^)

CY3601JPとCY3501JPの違い⑤最大圧力の違い

最大圧力

CY3601JP(2022年モデル):80kPa

CY3501JP(2020年モデル):70kPa

CY3601JPとCY3501JPでは、最大圧力に違いがあります。

新型モデルのCY3601JPの最大圧力は80kPa、旧型モデルCY3501JPの最大圧力は70kPa。

CY3601JPのほうが、より高い圧力で調理が可能です。

CY3501JPでは圧力を一定にかけて調理しますが、CY3601JPでは低圧(40kPa)での調理もできます。

そのため、煮崩れしやすい煮物もきれいに仕上げることができるんです♪

CY3601JPとCY3501JPの違い⑥レシピ数の違い

レシピ数

CY3601JP(2022年モデル):103レシピ

CY3501JP(2020年モデル):50レシピ

付属のレシピブックにも違いがあります。

旧型モデルのCY3501JPでは50レシピが記載されていますが、新型モデルのCY3601JPでは、2倍以上の103レシピが記載されています。

103種類もレシピがあれば、料理のマンネリも防げますね♪

CY3601JPとCY3501JPの違い⑦レシピモードと調理モードの種類

CY3601JPとCY3501JPの、レシピモードと調理モードをそれぞれ比較してみました。

レシピモード調理モード
CY3601JP
(2022年製)
カレー・シチュー/スープ・汁物/肉じゃが/角煮/ぶり大根圧力調理/焼く/蒸す/無水/煮る/低温調理
CY3501JP
(2020年製)
カレー/肉じゃが/角煮圧力調理/蒸す/煮る/炒める/低温調理

レシピモードでは、新しく「汁物・スープ」「ぶり大根」が追加されています。

また、調理モードでは「無水調理」が新しく搭載されました。

CY3601JPは調理機能が充実!レシピも103個あります♪

CY3501JPはお手頃価格!定番料理を作る人向け♪

ティファールのラクラクッカーCY3601JPとCY3501JPはどっちがおすすめ?

ティファールのラクラクッカーCY3601JPとCY3501JPの7つの違いから、それぞれおすすめな人をまとめました!

CY3601JPがおすすめな人

  • 最新機能がほしい人
  • 大人数分の調理をしたい人
  • 料理のレパートリーを増やしたい人

充実した調理機能♪2022年モデルCY3601JP

CY3501JPがおすすめな人

  • 予算を抑えたい人
  • 大人数分の調理をしない人
  • カレー、肉じゃが、角煮のような定番料理だけでいい人

電気圧力鍋デビューにもおすすめ♪お手頃価格のCY3501JP

ティファールのラクラクッカーCY3601JPとCY3501JPの共通の機能や特長

ティファールのラクラクッカーCY3601JPとCY3501JPに共通する機能や特長を紹介します。

使い方は3ステップ

使い方は簡単な3ステップ!

  1. 材料を切る
  2. お鍋に入れる
  3. ボタンを押す

たったこれだけの作業で、あとはおまかせ調理ができちゃいます( ´艸`)

保温や温め直しもボタン一つででき、使い勝手も抜群です。

さらにお手入れや後片付けも簡単なので、煮込み調理はもちろん、毎日の料理に幅広く活躍してくれます。

時短で美味しく仕上がる

引用元:公式サイト

一般的な形状の鍋に比べ、球場構造にすることで、熱循環が約26%もアップし、食材を均一に加熱することができます。

また、圧力調理をすることで、通常のお鍋の1/3の時間で仕上げることができます♪

予約・保温機能

調理後は、最大24時間の自動保温機能が搭載されています。

食事の時間が合わない家族がいても安心ですね(^^)

最大12時間の予約調理もできるので、出来立てのホカホカ料理が食べられますよ♪

※対象外の調理モードあり

片付けもラクラク

調理終了後は、ボタンを押すだけで簡単に蒸気を排出できます。

やけどの心配もないですし、ラクラク片付けができます。

電源コードは着脱式なので、取り付けも片付けもカンタンです♪

最後に、ティファールのラクラクッカーCY3601JPとCY3501JPのスペックを表にまとめたので参考にしてください(^^)

CY3601
(2022年製)
CY3501JP
(2020年製)
定格消費電力(W)900700
本体サイズ幅×長さ×高さ(cm)30.7×27.6×28.826.0×28.5×28.3
本体重量(kg)5.04.2
コードの長さ(cm)1.21.5

ティファールのラクラクッカーCY3601JPとCY3501JPの違いを比較!どっちがおすすめかまとめ

CY3601JPとCY3501JPの違いを比較!どっちがおすすめ?ティファール ラクラクッカー

本記事では、ティファールのラクラクッカーCY3601JPとCY3501JPの違いを比較しました。

CY3601JPとCY3501JPの違いは、以下の7点です。

  • CY3601JPは2022年製、CY3501JPは2020年製
  • CY3501JPの方が安い
  • CY3601JPの方が容量が大きい
  • CY3601JPは味染み仕上げ機能が新搭載
  • ECY3601JPの方が最大圧力が大きい
  • ECY3601JPの方がレシピ数が多い
  • レシピモードと調理モードの違い

2022年モデルのCY3601JPには、味染み仕上げ機能の他、汁物、ぶり大根、無水調理といった機能・モードが追加されています。

また、レシピブックには、旧型CY3501JPの2倍ものレシピが掲載されています。

お値段は少しお高めですが、CY3601JPは機能がとても充実していますよ(^^)

初めて電気圧力鍋を使う人、機能が多すぎても持て余してしまいそうな人は、お手頃価格の旧型CY3501JPがおすすめです♪

機能充実!レパートリーを増やしたいなら2022年モデルCY3601JP♪

CY3601JPの口コミを知りたい方は、こちらの記事をご覧ください♪
↓ ↓
>> CY3601JPの口コミレビュー!パッキンの別売りはある?ティファール ラクラクッカー旨み電気圧力鍋

予算を抑えたい!定番料理を作るなら旧型CY3501JP♪

目次