BOE096とBOE034の違いを比較!どっちがおすすめ?ブルーノのブレンダー

BOE096とBOE034の違いを比較!どっちがおすすめ?ブルーノのブレンダー

ブルーノのブレンダーBOE096とBOE034の違いを比較してみました!

どちらがおすすめかも解説していきます。

自分用だけでなく、出産や結婚祝いのプレゼントとしても人気なブルーノのブレンダー(^^)

せっかくならば違いをしっかり理解して、より合うものを購入したいですよね。

BOE096は「スタンドハンディーブレンダー」、BOE034は「マルチスティックブレンダー」と、公式サイトで見ると名称が少し違います。

具体的にはどこが異なるのか、BOE096とBOE034の違いを比較してみました。

大きな違いは以下の5つです。

  • 機能性:BOE096には新しい機能が搭載
  • デザイン:BOE096はコンパクトに魅せる収納が可能
  • 重さ:BOE034の方が軽い
  • カラー展開:BOE034の方がカラー展開が豊富
  • 価格帯:BOE034の方が安い

このことから考えると、BOE096がおすすめな方は、

  • 新機能でよりストレスなく料理を楽しみたい
  • まとめて置きっぱなしにして片付けも簡単にしたい

一方で、BOE034がおすすめな方は、

  • 重さやカラーにこだわりたい
  • 少しでも予算をおさえたい

本文では、より詳しく解説をしていきます♪

目次

ブルーノのブレンダーBOE096とBOE034の違いを比較!

それでは早速、ブルーノのブレンダーBOE096とBOE034の違いを見ていきます。

大きな違いは以下の5つです。

  • 機能性:BOE096には新しい機能が搭載
  • デザイン:BOE096はコンパクトに魅せる収納が可能
  • 重さ:BOE034の方が軽い
  • カラー展開:BOE034の方がカラー展開が豊富
  • 価格帯:BOE034の方が安い

違いをひとつひとつ見ていきましょう。

機能性:BOE096には新しい機能が搭載

BOE096には、BOE034にはない新しい調理機能と速度調節機能が搭載されています。

2つの調理機能「攪拌する」「おろす」

スタンドにブレンダーを取り付けることで、「攪拌する」機能を使うことができます。

これにより、野菜のスムージーやフルーツジュースなどを簡単に作ることができますよ。

また、BOE096にはおろしプレートという付属品がついています。

こちらをチョッパーに取り付けて使うことで、大根や生姜などのおろしも楽に準備することができます。

BOE034と比べて、できることのレパートリーがかなり広がっているんです♪

速度調節機能

BOE034では速度の調節をすることはできないのですが、BOE096では5段階で速度調節をすることができます。

調理内容に合わせて自分で調節ができるので、より使いやすさがアップしています。

デザイン:BOE096はコンパクトに魅せる収納が可能

BOE096は、スタンドに付属品をひとまとめにすることができます。

これにより、すっきりとした魅せる収納が可能になっています。

いちいち引き出しにしまうなどせず、キッチンに置いたままにしてしまっても大丈夫なんです!

片付けが簡単だと毎日でも使いたくなりますね♪

重さ:BOE034の方が軽い

BOE034とBOE096は、ブレンダースティックを取り付けた際の重さが異なります。

BOE034:570g

BOE096:790g

ブレンダーは片手で使うことも多いので、重さが気になる方も多いですよね。

BOE034の方が約220g軽いので、使いやすさに結構差が出てきそうです。

カラー展開:BOE034の方がカラー展開が豊富

BOE034は4色展開、BOE096は2色展開とカラー展開が異なります。

カラーの詳細は以下の通りです。

BOE034:アイボリー・ピンク・グリーン・ブルーグレー※リテール限定カラー

BOE096:グレージュ・ブラウン

BOE034の方がカラフルな印象ですね。

BOE096は魅せる収納も意識しているので、他の家電に馴染みやすいようなシンプルなカラー展開をしています。

価格帯:BOE034の方が安い

家電は長く使うものですし、価格が気になる方が多いですよね。

ブルーノの公式サイトでは、以下のように価格が紹介されています。

BOE034:7,150円(税込)

BOE096:14,300円(税込)

BOE096の方がお値段が2倍ですが、その分機能性とデザイン性は高いので、お料理から片付けまで負担を減らしてくれます。

長く使うことを考えれば、BOE096を選んでもお得な買い物と言えるかもしれません♪

ブルーノのブレンダーBOE096とBOE034はどっちがおすすめ?

ここまでブルーノのブレンダーBOE096とBOE034の違いを紹介してきましたが、いかがでしたか?

ここからは、どちらがどのような方におすすめなのかを解説していきます。

BOE096がおすすめの人

BOE096がおすすめの人は、

  • 新機能でよりストレスなく料理を楽しみたい
  • まとめて置きっぱなしにして片付けも簡単にしたい

BOE096のポイントは、新機能でよりストレスフリーに料理を楽しめることと、魅せる収納で片付けまで楽にしてくれるところです。

調理だけでなく、片付けもサポートしてくれるなんてありがたいですよね。

家事の負担がかなり軽くなる方も多いのではないでしょうか?

BOE034がおすすめの人

BOE034がおすすめの人は、

  • 重さやカラーにこだわりたい
  • 少しでも予算をおさえたい
  • はじめてブレンダーを使う人

BOE034のポイントは、軽くて扱いやすいところと、豊富なカラー展開、そして予算をおさえられるところです。

ブレンダーを今まで使ったことがない方の、はじめての1台としてもおすすめできますね♪

ブルーノのブレンダーBOE096とBOE034の共通の機能や特長

ここからは、ブルーノのブレンダーBOE096とBOE034の共通の機能や特徴を紹介していきます。

鍋に直接入れて使用可能

お鍋やボウルに直接入れて使うことができるので、余計な洗い物を減らすことができます。

ポタージュなども鍋でそのまま作ることができるので、とても便利です!

氷も削れるパワー

チョッパーボトルにはチタンコートの刃がついていて、氷も削ることができます。

フルーツや氷などを一緒に混ぜて、フローズンドリンクなども作ることができます♪

なかなかお家では作れないメニューにもチャレンジできそうですね。

お手入れブラシで片付けも簡単

新しい調理器具を使うとき、お手入れ方法が気になる方はとても多いですよね。

ブルーノのブレンダーには、お手入れブラシが付属しています。

刃や細かい部分までお掃除できるブラシなので、お手入れも簡単です。

BOE096とBOE034のスペック比較表

最後に、BOE096とBOE034のスペックを表にまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

BOE096BOE034
機能つぶす・混ぜる・刻む・砕く・泡立てる攪拌する・つぶす・混ぜる・刻む・砕く・泡立てる・おろす
速度調整機能なし5段階調節可能
付属品ホイッパーチョッパーボトルボトル用フタチョッパー二枚刃(容量:300mL)ブレンダーカップ(容量:500mL)お手入れブラシ専用レシピリーフスタンドブレンダーボトルブレンダースティックホイッパーチョッパー四枚刃(容量::500mL)ミキサーボトル(容量:600mL)スパチュラホイップケーススタンドクリーニングブラシ
定格消費電力200W300W
重量 ※ブレンダースティック使用時570g790g
サイズ ※ブレンダースティック使用時W63×H365×D68mmW55×H385×D55mm
コード長約1.5m約1.5m
カラー展開4色(アイボリー/ピンク/グリーン/ブルーグレー ※リテール限定カラー)2色(グレージュ/ブラウン)
価格7,150円(税込)14,300円(税込)

ブルーノのブレンダーBOE096とBOE034の違いを比較!どっちがおすすめかまとめ

この記事では、ブルーノのブレンダーBOE096とBOE034の違いをまとめて比較してみました。

違いをおさらいすると、

  • 機能性:BOE096には新しい機能が搭載
  • デザイン:BOE096はコンパクトに魅せる収納が可能
  • 重さ:BOE034の方が軽い
  • カラー展開:BOE034の方がカラー展開が豊富
  • 価格帯:BOE034の方が安い

そして、BOE096がおすすめな方は、

  • 新機能でよりストレスなく料理を楽しみたい
  • まとめて置きっぱなしにして片付けも簡単にしたい

BOE034がおすすめな方は、

  • 重さやカラーにこだわりたい
  • 少しでも予算をおさえたい
  • 初めてブレンダーを購入する

価格的にはBOE034の方がお求めやすい価格ではありますが、BOE096の方が調理機能や収納などが高いです。

目次